結婚指輪の意味

結婚の際、夫婦として歩んでいく、愛の誓約として取り交わす指輪が、結婚指輪です。今や日本ではもちろん、世界中で行われいるのが結婚の際の、指輪交換の儀式です。西洋では何百年も前から行われていましたが、日本で結婚の際に指輪交換を行うようになったのは、明治時代からです。その後定着したのは、戦後からと言われていますので、日本での歴史はまだ、たったの50年程です。

結婚指輪には、その形が丸い事から、永遠に途切れる事の無い不変の愛情という意味が込められています。毎日身につけることで、お互いの存在を常に感じられ絆が深まる事で、永遠に愛が続くようにと祈りが込められているのが、結婚指輪なのです。左手の薬指にはめるようになった理由として、左手の薬指が心臓とつながっていて、お互いのハートとハートをつなぐという意味から、左手の薬指にはめるようになりました。また、左手薬指には信頼や愛情という意味があることから、ここにも永遠の愛を誓うという意味が込められています。普段仕事柄出来ない人、なんとなくしない人もいらっしゃるでしょう。しかし、結婚指輪の存在意義を知っておくことは必要な事です。今一度、夫婦の存在を確かめる為にも、結婚指輪の存在がお互いの大切さを気付かせてくれるのです。

Pocket